ココナッツオイルで料理

ココナッツオイルで料理をしよう!

ココナッツオイルはほかのオイルとは違い固まりやすく気温が25℃以下では白く固まります。反対に25℃以上の場合はサラサラの液状になっています。固まったり溶けたりすると劣化してしまうのではないかと思う人もいるでしょうが、そんなことはありませんので大丈夫です。むしろ、ほかの植物性のオイルよりも酸化しづらいので、揚げ物に最適です。


ココナッツとつくので匂いがきついと思われ方もいるでしょう。しかし心配いりません。匂いはありますが、ココナッツチップのような匂いが僅かにするだけで料理に影響はありません。


では実際にどんな料理をすればいいのでしょうか?まずは普段使っている油やバターをココナッツオイルに変えてみませんか。ココナツオイルの油の分子はとても小さいのをご存知でしょうか?この小さな分子が食材になじみやすいので少量でも揚げたり、炒めたりすることが可能となっています。


ココナッツオイルは飽和脂肪酸という体に蓄積しにくい成分でできています。また酸化もしにくいため、体内での消化吸収に消化酵素を必要としません。この結果消化、吸収がとても早くなります。さらに基礎代謝も高まるので、今までの体にたまった体脂肪にも効果があるということなのです。


これは油を変えただけでダイエットができるということです。朝にココナッツオイルを食べるとより一層効果があります。食べてから3時間後にこの働きのピークがやってきますので、朝食が一番効果的といえます。


こうしてココナッツオイルの優れた点を知ると多少高くても変えたくなりませんか?ココナッツオイルは単なるブームの食品ではなく本当に効果がある製品になっています。今からでもぜひ取り入れてみてください。きっとダイエット効果が期待できます。ココナッツオイルの取り入れ方もほかの油と大差なく使えるので汎用性が大きいです。日頃の食事にいつでも加える事ができるのも魅力ですので、活用してみてください。

Contents Menu